BCL Diary





BCL Diary

 

8/6 TDXC PROPAGATION発刊祝いを3年ぶりにリアルで開催。場所は中華街の飲茶の名店、菜香新館。2年間リアルな宴会をやっていなかったので、今回初めてリアルに顔を合わせるという方もちらほらいた。

・3年ぶりだけあって、皆堰を切ったように喋っていた。参加者各位からのスピーチも楽しく、会は大いに盛り上がった。2時間目一杯楽しんで、最後に集合写真を撮って散会。

・勿論一軒では済まない連中は多く、そのまま二次会になだれ込んだ。一次会が日中13時からの宴会だったので、次の店に行く繋ぎとして、横浜ベイスターズ直営のクラフトビールの店で一杯飲む。更に16時から開店する日本大通り駅のさくら水産で三次会。皆実にハイで、しょーもないが実に上手いシャレ用語が生まれて大爆笑。そんな感じで2時間ほど過ごし、18時過ぎにお開き。5時間たっぷり楽しんだ。いつもは途中で寝落ちする私も、今日は日中の宴会でありハイだったせいか全然眠くならなかった。実に良い時間を過ごせた。

7/23 サンディエゴより一時帰国中のMasaさんを囲むオフ会を開催。場所は品川。Masaさんとはサンディエゴでお目に掛かった2015年8月以来、約7年ぶりの再会だ。せっかくの機会なのでお仲間にも声を掛けて、宮さんと峯さんにも同席頂く。お二方は初対面だ。しかしそこは同好の士だ。話題も共通だし、すぐに打ち解けて話せる。特にMasaさんはPROPAGATIONのバックナンバーをご覧下さっていたので、お二方の記事も読んでおられてその点でも話の内容は噛み合った。

・せっかくの休日なので、未だ午前中ではあったが軽く一杯ビールを頂く。休日のしかも昼前のビールというのは、何とも贅沢で嬉しい。そして酔いが回ると噛み合った話もますます弾む。MasaさんはTDXCやPROPAGATIONにシンパシーを感じて下さったので、宜しければTDXCサンディエゴ駐在員になりませんかなどと話す。その心は北米中波局でレポートを出しても返信が来ない局を、代わりに訪問してQSLをゲットして下さいということである(笑)。Masaさんもノッてくれて、ロサンゼルスまでなら行きますと言ってくれる。

・2時間ちょっとの会食だったが、楽しい時間を過ごせた。今までだと「今度はいつ会えるんだろう?」と思ったものだが、昨今ではすっかりZoom時代に入ったこともあり、繋がり続けることは決して不可能ではない。だからこそ、このご縁を大切にしたいと思う。

6/23 PROPAGATION誌「OM探訪」でインタビューさせて頂いたOMさんとサシで飲む機会を頂戴する。記事の締めくくりにある居酒屋を訪ねることを企図していたのだが、それが当初とは異なった形で、しかもそのOMさんにご一緒頂くことが図らずも実現したということである。諦めずに色々と仕掛けていると、思いも寄らない形で実現することがあるということの好例ではないだろうか。詳細は8/1発行の本誌でご覧頂きたいと思う。

5/14 3週連続となるバイクチョイペに出掛ける。この日はちょっと出遅れて18時正時には間に合わず。まあ日の入りも遅くなっているので問題はない。ただ何本か繋いでいた同軸ケーブルの中で1本不良がありしばらく受信不良で、出足が遅れてキリバスの放送終了には間に合わず。

・コンディション的にはもう一歩。確かに今日は1035/NewstalkZBが強かったし1611/4KZなどオーストラリアもそれなりに入ってはいたが、強い程でもない。この日のSSNは127だったようで、そろそろMW-DXに適する環境ではなくなりつつあるのかも知れないが・・・。

・それでも行ったのは、今一つ自信が無くて活用し切れていなかったDiscoveryとPERSEUSを同時に運用したかったためである。Discoveryを2台、PERSEUSを1台、PCのUSBポートに接続して記録してみた。どちらも音飛びがしたり音声がおかしくなったりすることがあるので、リスクヘッジの意味で同時運用は大切である。今回は記録出来ていたが、昨年もあったのだが低い側周波数担当のDiscoveryで、記録開始後間もなく音声がおかしくなっていた。ちょっと原因は分からないが個体不良の可能性を感じる。高い側担当のDiscoveryと入れ替えてみて同じことが起こったらビンゴだろう。その場合修理か買い替えになるが、輸入品だけにちょっと面倒だ。

 

PERSEUSの上にDiscoveryが2台乗った図。PERSEUSのソフトはSDR Consoleの裏に隠れている。

5/8 3年ぶりとなる横浜泉アマチュア無線クラブジャンク市に参加。毎年出遅れ気味だったので、今回は公式開始時刻1時間前の8時に会場着。3年ぶりとあって面白い商品が満載なのではないかと期待して行ったがそれほどでもなく、食指が動くようなそそられるものが無かったのは残念。しかしそもそも断捨離をしている身で、珍品を物色しに行っている時点で矛盾があるが・・・

 

・しかし商品はともかくお仲間にリアルに会えるのは楽しみだったし、その楽しみは裏切らない。近隣に住んでいるのもあって、TDXC無線班は7人全員が集った。喫茶店にも飲み屋にも行かず立ち話になったが、それでも結構長い時間話をしたし笑いもした。ちょくちょくオンラインで会っているメンバーだけにそんなに久しぶり感はなかったが、実際に顔を合わせて話したのは随分前という方もいて、この時間を慈しむように楽しんだ。それだけで十分満たされたジャンク市であった。

5/7 2週続けてのバイクチョイペ。今日はお仲間にも伝えていたら、宮さんが付き合って下さった。17:20頃に到着すると、高速で飛ばしてきた宮さんの方が先に着いていた。急いでアンテナをセッティングし、受信態勢を整える。

・この日のコンディションは悪くなかった。先週聞こえたキリバスは弱くトンガは聞こえていなかったようだが、代わりにオーストラリアはそれなりに入っていて、1116/4BH1224/2RPH他多くのオーストラリア民放局が聞こえる。ただ信号強度的には上がり切っておらず、IDが確認出来たのは現時点ではこの2局に留まる。

・しかしながらはずれる時もあるが、来る度に何かしら楽しみを与えてくれるこの地には感謝するばかりだし、今年は例年以上に頻度を高めて遊びに来たいと思う。狙いはトンガのクリアなID確認と、1584で復活が伝えられるPalauの受信である。

宮さんに撮って頂いた私。スミマセン、宮さん写すの忘れてました(汗)

4/30 久々のバイクチョイペに茅ヶ崎まで繰り出す。毎年このシーズンの南狙いだが、丁度この日はお仲間の何人かが八丈島でペディを楽しんでおられたので、これに勝手に呼応して同時多発ペディを仕掛けたとも言える。なのでLINEでそちらの状況も伺いつつ、情報交換をさせて頂く。久々のチョイペだったので、テーブルと椅子の代わりに持参する100均折り畳み椅子を忘れてしまい、機材を地べたに置かねばならなくなったのには苦笑。

 

・簡単な情報交換では、聞こえている局に大きな違いはなさそうだった。どちらも1017の推定トンガ、同じく1440のキリバスが聞こえていた。オーストラリアはもう一つ。面白かったのは1017で、こちらはNHK R2ポルトガル語講座の裏で聞こえていたのだが、向こうではR2は聞こえていないという。1017のR2は福岡だが、緯度の違いやアンテナの方角も微妙に異なったのだとは思うが、随分違うものである。

・途中ハムのOMが声を掛けて下さり、しばらく話したりしてこれはこれで楽しい。しかしこの日は明日から5月とは思えぬ寒さだった。着込んでは来たがやはり寒さには耐えられず、ノルマの19時を聞くと逃げるように撤収する。でもまた行きたい。

4/23 今年もPROPAGATIONラストスパートに向けた決起集会をオンラインで開催。オンライン開催は2020年以降これで3回目となる。それでもこうして会って話が出来るのは嬉しいし、ここから頑張ろうと気合が入る。

・皆さん一言ずつ近況報告や今号執筆予定の記事についてスピーチして貰うのだが、概ね同年代であるお仲間の何人かが人生の転機を迎えておられるという話には驚いたし、平均寿命の長期化もあるがまだまだ先は長いのだなと感じさせられた。

・先月のコンベンションで体調不良と書いたが後に判明した原因は帯状疱疹であり、これにより復旧までひと月近くを要し、この間ロスタイムが発生してしまった。実はもう一つ、大したことはないのだが面倒臭い健康面の課題が残っているので、締め切りに間に合うよう早め早めに原稿を執筆しようと、改めて決心した次第である。

3/21 昨日〜本日まで、TDXC Convention2022に参加。今年も残念ながらリアル参加は私のみとなり、他の10名の方はオンライン参加となる。しかし今回も5名の方に力のこもったプレゼンして頂くことが出来た。テーマは偏らずそしてノスタルジーオンリーに陥ることもなく、いずれも未来志向の内容だった。

・第二部は今年も爆笑オークション。皆さん色々とお買い得商品を出品して下さり、競り合うと大いに盛り上がる。しかし実際の落札価格は実にリーズナブル。内輪のオークションは本当に商売度外視の不用品交換会だ。

・オークションの後は宴会が続き23時で閉会。私自身は他の皆さんには申し訳なかったのだが、オークション終了後横になってダウン。実はこの日は体調が最悪であった。自身も自宅からオンライン参加したい気分だったが、キャビンを当日キャンセルするのはさすがに勿体なく、這ってでも来たという状況であった。しかもプレゼンの部で使用した柳島スポーツ公園の多目的室はWifiの電波が弱くて使い物にならず、結局オープンスペースに椅子を置いてノートPCを膝の上に置いて接続する羽目になり、会議室を予約した意味が全くなくガッカリ。宴会後の単独ペディもコンディション劣悪で踏んだり蹴ったりだ。翌日届いたオークションの落札品・大進無線DCA-1だけが、そんな冴えない心境の私を慰めてくれた。

3/6 今年もNASWAのSWL Festに参加。昨年初めてオンラインという形で参加して今年はどうしようかと思っていたら、お仲間の尾原さんがプレゼンなさるとのことだったので参加した。実際にはJSWCの大武理事とお二人でのプレゼンだったが、いずれも流暢な英語で素晴らしかった。内容も日本のBCLブームと現代のBCL活動の両方について触れられていたが、外国人にとっては中学生が主体のBCLブームがあったということは、実に驚くべきことなのだと思う。終わった直後には、賛辞とともに驚嘆の声が上がっていた。

・オンラインで国際コンベンションに手軽に参加出来るのは素晴らしいことだが、何せ時間帯がアメリカ東海岸主体で組まれているので、フルでリアルタイムに参加するのは難しい。今回はR.Andrraリバイバルのプレゼンには興味があったのだが、中止になって残念。上記お二方のプレゼンと、昨年も拝聴したBill Whitacre氏のプレゼンを聞けたのが今回の収穫だった。

 

2/26 今年のPROPAGATIONの記事「OM探訪」に向けてインタビューを実施。今回は70年代のBCLブームの仕掛人の一人であり、当時の我々のBCLライフを充実させてくれた立役者ともいうべき方である。そんな著名な方のせいか、2日前に決まったにも関わらず同席をお誘いしたら9名のお仲間が参加下さって、実に賑やかなインタビューとなった。

・記事詳細は8/1発行のPROPAGATION Edition10でご覧頂きたいと思うが、我々よりも一回り以上先輩のOMが今なお後進の育成に励み新しいチャレンジをなさっている姿には敬服せざるを得ない。エネルギーを頂戴した感じがするし、次の10年を模索しようとしているTDXCにとっても、貴重な示唆に富んだインタビューであったと思う。

・ピークを過ぎたとはいえ相変わらずコロナ感染者数は多く集まる機会は少ないが、オンラインであってもこうして集まるとまた何か刺激があり元気になる。国産の飲み薬もいよいよカウントダウンのようなので、トンネルはあと少し。リアルな集いを待ちわびる日々である。

1/20 盟友Shinさんが執筆されたCQ ham radio別冊付録「BCLをまるごと楽しむ本2022」を購入。通常の連載は立ち読みで済ませてしまったりもするが(スンマセン)、今回ばかりはShinさん渾身の力作であり、これは買わねばならない。早速読んでみると、さすがShinさんらしいよく考えられた構成である。ブームの歴史やブームを彩ったラジオという回顧トーンだけではなく、今この瞬間をどう楽しむか、しかもハムの雑誌らしく無線機でどう楽しむかという記事は、実用的で今すぐに出来るネタだと思う。読者投稿「私とBCL」には見知ったお仲間が何人か登場されており、これまた記念に残るパートである。わずか48ページのスペースで、BCLの今までとこれからを最大限に表現した素晴らしい〜もはや付録ではなく独立した書籍だと思う。

・多くの方にとっては同じくShinさん渾身の表紙だけでもう「買い」だろう。さりげなく我らが「PROPAGATION」も宣伝してくれたようだし(笑)。この別冊付録誌が同志のハートを再点火して、また新しい楽しみやお仲間が生まれることを願ってやまない。

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2021へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2020へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2019へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2018へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2017へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2016へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2015へ  BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2014へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2013へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Dec. 2012へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2011へ  BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2011へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2010へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2010へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2009へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun.2009へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2008へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun.2008へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2007へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2007へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2006へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun.2006へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2005へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2005へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2004へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2004へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2003へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2003へ

BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jul. to Dec. 2002へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Jan. to Jun. 2002へ BD14867_1.GIF (891 バイト)過去のDiary Aug. to Dec. 2001へ

 

ホームへ