懐かしの受信音

懐かしの受信音

 

 ここでは私の第一次BCL期(1975〜80年)に録音した受信音をご紹介します。もう既に短波放送をやめてしまった局を中心にアップしました。こうやって改めて見ると、本当に減ってしまいましたね。寂しさと懐かしさをこめて・・・随時追加予定。

局名 周波数/受信年度 コメント
R.Tahiti 15170kHz 1977 南洋の楽園タヒチからの放送。夕方の時間によく聞いていました。
R.Vilnus 15040kHz 1977 旧ソ連の各国からは大出力での放送が良好に受信できました。
DYBS 11770kHz 1977 この局で初めてアラビア語というものに触れました。
R.MonteCalro 9575kHz 1978 TWR-Monacoと同じISを使用。ロシア語放送。
R.Berlin International 15110kHz 1977 ここの場合は局というよりは国そのものがなくなってしまいました。
R.Mozambique 9620kHz 1980 4点鐘が印象的でした。
R.El Mundo 11755kHz 1978 アルゼンチンの短波放送もほとんどなくなってしまいました。
R.Lebanon 15445kHz 1978 英語放送をこんなに強力な電波で発信していたんですね。
R.Diário da Manhã 9675kHz 1978 現R.Marumby。初めて受信したブラジル局です。
R.Nac.de Brasilia 15280kHz 1979 非常に良好。南米からの国際放送も少なくなってしまいました。
R.dif Nac. de Colombia 9634kHz 1979 現在でもリストされていますが、復活後受信したことはありません。

ホームへ