BCL随想

BCL随想

 このページでは私が小学生のときにBCLを始めたきっかけに始まりその後20年のブランクを経て復活したときの様子、 また復活してから日々感じることについて思いのままに書き綴ったものです。暇つぶしにでもご覧頂けましたら幸いです。



2018年のBCL LIFE:MW-DX最大のチャンス到来!

BCLへの情熱:BCL復活16年にして、またその情熱を新たにしたい。

2017年のBCL LIFE楽しさと閉塞感を総括〜打開へのキーワードを探る。

2016年のBCL LIFE:また今年も沢山の出会いと喜びがあった・・・Happy BCL lifeを振り返る。

2015年のBCL LIFE:かつてない充実の一年間。そのキーワードを読み解く。

2014年のBCL LIFE:我がBCL LIFEはTDXCとともに・・・。

2013年のBCL LIFE時間は短いながらも、充実した活動ができたと思うこの年。

2012年のBCL LIFE:それなりに楽しかった2012年。来年は気負わず平常心で臨みたい。

2011年のBCL LIFE:沈滞し切っていたとばかり思っていた1年も、丹念に振り返ると光明が見えたりするものです。

2010年のBCL LIFE:最早年に1回しか書かなくなってしまったこのコーナー(笑)。2011年に向けて新たな展望が・・・。

2009年のBCL LIFE:なんだかんだ言いながら楽しんだ2009年を総括し、2010年を展望します。

2008年のBCL LIFE:モチベーションが下がっているのではないかと思っていたBCL活動の2008年を総括してみると・・・

BCL in Hong Kong:海外でのBCL活動・・・2008年は香港へ

BCLのモチベーション:中々モチベーションが維持しにくい昨今、私がその対応として考えたことを書いてみました。

日本のBCLブーム:07年8月にJSWC55周年記念行事で行われた「日本のBCLブーム」という座談会に刺激されて、私もその考察を書いてみました。

BCL in Guam〜KUAM訪問記:海外でのBCL活動・・・今年はグアムへ。

BCL in Hawaii〜KZOO/KKEA訪問記:海外でのBCL活動・・・短いながらもハワイで楽しみました。

夢の太東崎ペディ:夢にまで見た至高のロケ、太東崎でペディを開催。トンガは聞こえるのか!?

国内中波民放全局のベリ制覇:時間は掛かったけれどもやっと制覇した記念に。

FRG-7デジタル化プロジェクト:今の時代にFRG-7を1kHz直読マシンに変身させられるか?

NDXC訪問:少年時代から憧れたDXerの聖地/名古屋に遂にお邪魔することになりました。

BCLで芽生えた交友関係:BCLを通じて多くの方と友達になれたのは、かけがえのない財産です。

国内中波DXにはまって:これまで海外一辺倒だった自分が国内中波DXにはまったのは何故か?

BCL書籍を探して:BCL書籍第二弾。私をBCLの世界に誘ってくれた、あの記事に会いたくて・・・

BCL書籍について:BCL書籍に抱く私の思いを書き綴ってみました。

BCLライフとパソコン:私にとってBCLとパソコンは切っても切れない関係なのです。

受信報告書を書くということ:受信報告書についての、今日に至るまでの苦闘の記録です(大げさ)。

ペディションの楽しみ:ペディションへの永年の憧れとその楽しみについて語ってみました。

工作をするということ:昨年1年間は工作に凝りました。そして今年もさんざんやりそうです!

モービルワッチの楽しみ:最近になって知ったモービルワッチの醍醐味。これはもうヤミツキかも知れません!

受信機のコレクション:「もうやめよう」と思いつつここまでやってしまったコレクションについてお話します。

MWDX:昨年末からはまりつつあるMWDXの、私が感じる魅力などについて綴ってみました。

リグ変遷〜後半:復活後〜今日までのリグの変遷について概説します。

リグ変遷〜前半:復活前の私のリグの変遷について概説します。

ALA1530顛末記:素晴らしいアンテナその2、ALA1530との格闘記です。

個人輸入:一度やるともうヤミツキ!BCLにとっても非常に有用なものです。

MDを使った録音:やっぱりMDって便利ですね。

T2FD完成:素晴らしいアンテナ=T2FDを設置しました。

FRG-7復活:死にかかったFRG-7は果たして生き返るのか?

秋葉原:我々にとって非常にゆかりの深い街であります。

インターネット:BCLにとってのインターネットの功罪。

日本BCL連盟:一度は行ってみたいと切望していたB連にお邪魔しました。

ベリカード収集・記念の受信テープ・記録を残す:記録を取っておくことって本当に大事です。

復活:復活のきっかけは思いもよらない所にありました。

最盛期〜あっけない幕切れ:あれほど熱中したBCLをなぜ中断してしまったのか・・・振り返ります。

出会い:私はいつどのようにしてBCLと出会ったのでしょうか?

 

ホームへ